二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】

トータル費用を確認する

目元に触れる女性

自然な幅に調整する

二重整形にはいくつかの種類がありますが、費用には大きな違いがあります。費用がかからない方法は埋没法と呼ばれるもので、瞼を糸で止めるだけの方法です。細かく分けると埋没法の中にもいくつかの種類があり、手術方法によっても費用に違いが出てきます。誰もができる限り安い費用で手術を受けたいと考えていますが、費用だけでなく手術内容をしっかりと見ておくことが大切です。基本的には簡単にできるもののほうが価格は安くなります。おおよその費用の相場があるので、多少の違いはあっても同じ手術方法であれば、同じような費用になるはずです。しかし、中には他のクリニックに比べて格段に安い価格で手術ができると宣伝しているクリニックもあります。大きく価格が違うということは必ず何か理由があるはずです。最も注意しなくてはいけないことは、宣伝している価格以外に別の費用が発生することです。手術をする時には診察をしたり、カウンセリングをしたり、手術前の検査をしたりと色々な費用が発生します。通常はそれらを合わせた価格設定になっていますが、これらを分けて請求しているクリニックもあります。そうなると手術自体は安い価格で会ってもトータルで計算すると、他のクリニックと同じような価格になるということがあります。ホームページを見ているだけでは、細かい価格のことまでは記入されていないことがよくあります。価格に関しては手術を受けてしまってからは、拒むことができません。必ず手術を受ける前にトータルでかかる費用について明確にしてから二重手術を受けるようにしましょう。二重整形は埋没法と切開法があり、切開法はメスを使う方法です。そのため、切開をした部位には傷跡が残ります。手術を受けて二重にした場合には、できるだけ傷跡が目立たないようにしたいと考える人が多くいますが、切開法の傷跡はほとんど目立ちません。メスを入れると言っても傷は3センチ程度のものですし、瞼は目をあけている時にはほとんど見えません。瞼を閉じた時でも皮膚のシワなどに多少隠れてしまうので、よほど注意をして見ない限り傷跡はわかりません。埋没法の場合には糸でとめるので、瞼が引っ張られているように見えてしまわないかという不安がよく聞かれます。これも、そこまできつく糸で止めるわけではないので、目を開けている時はもちろん、閉じている時でも全くわからない程度です。もしも、整形をしてばれる可能性があるとしたら、手術後の腫れのほうが目立つものです。手術を受けた直後は目が腫れた状態になるので、腫れを隠せる物が必要です。数週間ほどで最初の大きな腫れは落ちつきますが、それから数カ月は軽度の腫れが残ります。この時にいつもとは様子が違うと感じられると二重整形がばれてしまう可能性があります。整形手術の後はサングラスなどで目が見えにくいようにしたり、メイクでごまかしたりと工夫するとばれにくくなります。それ以外では二重の幅を広くし過ぎると、印象が大きく変わり過ぎて整形したことがばれてしまいます。ばれにくいようにしたいのであれば、二重が自然に見えるように調整したり、幅を広げ過ぎないようにしたりする必要があります。

Copyright© 2018 二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】 All Rights Reserved.