二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】

埋没法にも種類がある

顔に触れる女性

目を大きくしたい人に最適

二重瞼にしたい時に行うのが二重整形です。よく知られているのは埋没法と言ってメスを使わずに二重瞼にするプチ整形と呼ばれるものです。簡単な手術なので費用も安く手軽に行えるということで人気が高くなっているようです。しかし特に安い価格で宣伝されているものは、埋没法の中でも一点止めという手法で行われているものだと考えておいたほうが良いでしょう。埋没法は糸で瞼をとめて二重を作り出す方法なので、糸が外れると二重がとれてしまいます。糸が外れにくいように何か所かで止める手術法は、一か所しか富まない方法に比べて費用が高くなる傾向があります。糸をとめる手間が増えれば、その分手術が複雑化するため、止める箇所が多いほうが費用が高くなることは当然のことでしょう。問題となるのは止める場所が少ないと、糸が外れやすいということで、整形をしても糸がとれて再手術が必要になることがあります。そうなってくると単純に2倍の金額がかかりますし、手間も時間もかかります。埋没法で何か所止めるのかは、瞼の厚さや幅によって決まります。この時に価格を重視して、止める個所を少なくしてしまうととれてしまう恐れがあるので、適切に止めることが大切です。また最近では埋没法でありながらも、糸の止め方を工夫して、より取れにくくする方法が出てきています。糸を瞼で一周させて止めるだけでなく、糸を多方向に絡ませながら通す方法です。これだと瞼の中にしっかりと糸が通った状態になるので、簡単には外れなくなります。埋没法でありながら、手術の効果を半永久的に長持ちさせられる方法です。二重にすると何が良いのかというと、目がぱっちりと大きく見えて可愛らしい顔になれるからです。整形は見た目を変えるだけですが、人は見た目が変わるだけで自信を持つことができます。性格などにもよりますが、外見に自信がないことが原因でストレスを感じているような場合には、整形手術を受けることで毎日を楽しく過ごせる可能性があります。たとえ目元だけだったとしても変化すると顔全体の印象が大きく変わります。顔の中で最も強い印象を与えるのが目元だからです。特に目が細くてボリュームのない人や目が小さいことがコンプレックスの人は整形をすると、大きく顔の印象を変えられます。瞼が厚い人よりも薄いほうが二重を作りやすいと言われています。まぶたが腫れぼったい人は持ちあげるのに力が必要となり、糸で引っ張る埋没法では難しい場合もあります。その時には切開法で瞼を切開して中の脂肪を取り除くと、すっきりとした目元にすることができます。切開法のよいところは二重にするだけでなく、目の周囲の脂肪を取り出すことで、目元をシャープに変身させられることです。瞼の脂肪を取り除くのは整形の最中に行うので、別の手術を受ける必要はありません。また奥二重のように、幅が狭い人も整形に向いています。メイク用品で二重の幅を広くしている人が多いようですが、何度も行っていると皮膚にダメージを与えてしまいます。毎日メイクで目元の調整を強いている人にも整形がおすすめです。整形手術を一度行えば、それからは毎日瞼の調整をするという手間がかからなくなります。

Copyright© 2018 二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】 All Rights Reserved.