二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】

手術後の注意点

看護師

将来的なことも考える

二重整形は簡単にできて費用もそこまではかからず、効果が大きいということでたくさんの人が受けたい整形手術となっています。一重まぶたの人はもちろん二重でも幅が狭い方や奥二重の場合には、二重の幅を広くする手術も行えます。手術の時間も短く体への負担は大きくありませんが、手術を行うということで、手術後には目の腫れが出てきます。また手術の後は普通に生活ができるとはいえ、気をつけておかなくてはいけないこともあります。目の腫れは手術直後が一番大きく、それから徐々に少なくなっていきますが、完全に腫れが引くまでには数週間かかります。この期間を出来るだけ少なくするためには、手術当日からしばらくは血流が良くなるようなことは避けるようにします。特に手術当日はクリニックから家へ帰る以外の運動は行わないようにして、入浴も控えましょう。お風呂に入って体温が上がると血流が良くなってしまい、腫れを酷くさせる恐れがあるからです。暑いお湯に浸かることは避けて、ぬるめのシャワーで手早く済ませるようにします。また運動も体に良いとされていますが、手術の後は控えておきたいものです。たとえ手術部位の傷みがなくなっても、全身の血流が良くなると目の血流も盛んになり、腫れを長引かせてしまうからです。他にはアルコールも控えたほうが良いものです。アルコールが体内に入ると体が温まったと感じますが、あれは血流が良くなっているからです。血流が良くなることは腫れを助長させる以外にも、内出血を起こす危険があります。手術の後は1週間ほどこれらのことに気を付けましょう。二重整形は簡単に行えることがメリットですが、その反面、手術法によっては元の状態に戻りやすいというデメリットがあります。しかしこれは考え方によってはメリットにもなる特徴です。整形手術というと一度行うと元の状態に戻せないと考える人が多いようですが、顔の造りの人気度には流行があり、その時代によって良いとされる顔が違ってきます。それ以外にも自分の好みが変わることで、なりたい顔が変わってくるということもよくあることです。今はぱっちりした目元になりたいと希望して整形手術を行っても、今後なりたい顔がどう変わるかはわかりません。そのため、アイメイク感覚で二重にしたいという場合には、もしもの時には元に戻せる可能性のある埋没法がおすすめです。埋没法の中にも挙筋法と瞼板法という方法があり、瞼板法のほうがやり直しがしやすいと言われています。もしも、将来的に二重を戻したいと希望する可能性が残っている時には瞼板法が向いています。このように二重整形中にもいくつかの手術法があり、自分の希望に合った物を選ぶことも大切です。切開法でメスを入れる方法はしっかりとした二重にすることができますが、元に戻すことは難しくなります。この場合には事前のカウンセリングで、希望の幅や目の雰囲気などを、十分に話し合って後悔のないようにしていくことが大切です。あとで幅を調整することは難しくなるので、手術前の話し合いの時期に納得できるまで相談しておきましょう。また瞼の厚さなど顔のつくりによって最適な方法が違ってくるので、医師のアドバイスも参考にしながら選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 二重になりたいなら美容治療を受けよう【効果は永久的に持続】 All Rights Reserved.